イカすブログ名が思いつかない

ほぼ写真の記事です。向坂環フィギュア集めは30体でやめられず、40体になりました。欲望のままに買うと大変なことになりますので気をつけましょう。

さあ、いこう。ボクらの遊び場へ。念願のPS4Proを入手しました!

f:id:gon10ta5:20180102234519j:plain
あけましておめでとうございます。2018年最初の記事は「PS4Pro」で味わった感動を記します。


私は去年の12月上旬まで「PS3」で遊んでいた。「PS4」に興味はありましたが、遊びたいカセットがあまりなかったので様子見でした。

PS4Proを購入する切欠となったのは「龍が如く極2」や「アサシンクリード オリジンズ」の発売でした。それらの魅力ある映像が私の中にある「PS4を欲する気持ち」を高まらせ始めて我慢ができなくなり、購入にいたりました(「Pro」を選んだ理由は読み込み速度などが違うと見たので)。




f:id:gon10ta5:20180102234541j:plain
この形はまるで板チョコ。ペロペロ舐めても機械の味。



f:id:gon10ta5:20180102234657j:plain
充電ケーブルを差し込む穴の左側にディスクを排出するボタンがある。充電ケーブルを抜くときにボタンにうっかり触れてしまい、ディスクを出してプレイ中のゲームが終了した、ということがありました。皆さん、気をつけてくださいね! このようなミスを犯す人など滅多にいないでしょうけど。




f:id:gon10ta5:20180103000347j:plain
今遊んでいるカセットは「龍が如く極(PS3でも売られている物)」のみなので、PS4の性能を完全に見たわけではありません。

しかし、PS4がどれだけ優れているかは理解できました。ゲームを遊び始めて驚いたのが、キャラクターや建物の線がハッキリ表現され、本物に近い作りになっている(ムービー中に限るが)こと。
当然、他の(ジャンル)カセットにも興味が湧いてしまいました。



f:id:gon10ta5:20180103025115j:plain
大袈裟かもしれませんが、上の写真ほどのゲーム性能差があるように感じました。



かがくの ちからって すげー!

ディスクの読み込み音がない

ゲーム開始時に少しありますが、その後は静か。PS3ではよく「ゴッ! ゴッ!」という読み込み音があったので、PS4の静かさには驚きました。

HDMIケーブルが付属する

PS3には3色ケーブルが付属していましたが、PS4にはHDMIケーブルが付属します。本体を買うだけで美麗映像が楽しめるとは素晴らしい! これが今のゲームッ!


コントローラーの一部が光る(白い部分)!

f:id:gon10ta5:20180102235858j:plain
意味のないように思いますが、「龍が如く」で現在のスタイルに対応した色に発光する(ラッシュならピンク、壊し屋なら黄色)ので面白いです。他には桐生さん(龍が如くの主人公)の体力が瀕死状態になると、それに連動してコントローラーも赤く点滅する。


思っていたのと違う点

PS4を起動してからホーム画面になる時間はPS3と同じくらいでした(PS4のほうがやや遅いかもしれない)。起動したらすぐにホーム画面になると思っていたので、少しがっかり。



時間があると、つい遊んでしまう

f:id:gon10ta5:20180103000216j:plain
過去のゲームには戻れないかもしれない程の美しさを知ってしまった。とんでもない値段でしたが、それに見合う価値はありました。

PS4ではPS3用カセットを遊べないので、私とPS3との付き合いはまだまだ続きます。